デメリットも考える


5年以上保有すれば税金が減額されるというのも地金型金貨のメリットです。 ただし実際に地金型金貨にメリットだけでなくデメリットも存在しているということを知るべきでしょう。地金型金貨のデメリットとして考えることが出来るのは、どうしても金地金よりもスプレッドが大きくなってしまうことです。 その額はおおかた数100円程度であり、金貨が大きい程スプレッドは小さくなるので、小さい金貨を何枚も購入するモチベーションよりは、大きな金貨を一枚購入した方が安く購入出来るということになります。

そして安易に扱って損傷してしまうことで価格が安くなってしまったり、売れなくなるということがあります。傷などがつくと、プレミアム分が失われてしまうかもということを用心しなければならないモノなのです。

プレミアム分が失われるとそこに存在しているのは、金地金のみの価値です。傷や汚れ、変形というものに対しても私達は意識をして、丁寧に扱わなければならない存在なのです

そして最大なリスクといえば、金貨の損傷によるプレミアムの損失もそうなのですが、為替変動の影響で国内金価格が下がりらひょっとしたら元本割れを起こしてしまうかもしれないリスクを持っていることです。