金・金貨の価値


私達の現代社会は、将来に対して大きな不安を抱えています。だから投資という意識も段々と高まっている訳ですが、金投資に目を向けている人たちも多くいます。 金は昔より希少性と美しさから評価はほとんど変わらないものです。 金は世界共通の資産と呼ぶことが出来ます。金は通貨として流通した歴史もあり、現代でも1970年代までは金本位制が取られていました。

世界それぞれの国で紙幣が使用されていますが金と結びつき価値は決定されていたのです。日本円を他国のお金と交換する場合、金というものの価値が共通だったから出来たことです。金本位制が終了してしまうことになりますが、金本位制が終了しても金の価値は実際に変化した訳ではありません。今でも世界中の中央銀行において、準備資産として保有されています。

もしも破産してしまったとき紙は紙切れ同然になってしまうのかもしれませんが、金の価値はそこにしっかり留まってくれます。世界同時株安や世界各地の紛争などまだまだいろいろな不安要素が世界のいたるところに存在するからこそ、今やっぱり金投資をしようと目を向けている人たちが多くいます。

投資においてのメリットは金の持つ特徴がそのままメリットにすることが出来ます。金は鉱物ですから埋蔵量には限りがあり、必要あらば紙幣のようにどんどん作ることが出来ません。だからどんな時でも無価値になることはありません。発展途上国だとしても金の価値は共通です。金貨はどうなのでしょうか。更に続けます。