デメリットも考える


5年以上保有すれば税金が減額されるというのも地金型金貨のメリットです。 ただし実際に地金型金貨にメリットだけでなくデメリットも存在しているということを知るべきでしょう。地金型金貨のデメリットとして考えることが出来るのは、どうしても金地金よりもスプレッドが大きくなってしまうことです。 その額はおおかた数100円程度であり、金貨が大きい程スプレッドは小さくなるので、小さい金貨を何枚も購入するモチベーションよりは、大きな金貨を一枚購入した方が安く購入出来るということになります。

そして安易に扱って損傷してしまうことで価格が安くなってしまったり、売れなくなるということがあります。傷などがつくと、プレミアム分が失われてしまうかもということを用心しなければならないモノなのです。

プレミアム分が失われるとそこに存在しているのは、金地金のみの価値です。傷や汚れ、変形というものに対しても私達は意識をして、丁寧に扱わなければならない存在なのです

そして最大なリスクといえば、金貨の損傷によるプレミアムの損失もそうなのですが、為替変動の影響で国内金価格が下がりらひょっとしたら元本割れを起こしてしまうかもしれないリスクを持っていることです。

地金型金貨のメリット


地金型金貨を購入するメリットはどこに存在しているのでしょうか。地金型金貨のメリットとして売買手数料がかからないというのも大きなメリットです。金地金を購入する際にかかるバーチャージは、地金型金貨の際には必要としません。ですから、500g以上の金をまとめて購入するというケースでは金地金を購入し、少量ずつというのなら地金型金貨が良いとも言えます。地金よりも少額で購入することが出来、それに纏うリスクも最小限に留めることが出来ます。

地金型金貨は少量で購入することが出来、サイズも小さめです。 一定額で何枚にも分けて購入することが出来、ドルコスト平均法を私達は自然にしていることになります。ドルコスト平均法とはなんなのでしょうか。ドルコスト平均法とは、毎月の購入代金を一定額に決定して、購入して続ける投資の方法のことを言います。

金価格は日々変化し続けているものであり、一度に大量に購入する程リスクを大きく背負ってしまうものと考えることが出来ます。次期を分散することにメリットがあり、定額を維持することで更に金価格が安い時には多く購入し、高い時には少なく購入し平均購入単価を下げることが出来ます。

地金型金貨は欲しいと思えばいつでも簡単に手に入れることが出来ます。

金貨の種類


収集型金貨とはどのようなものを言うのでしょうか。それは骨董価値があり、希少価値もあり収集する個人の嗜好などによって金地金価格よりはるかに高額で売買されたりしている金貨を言います。

ここに一方では地金型金貨という存在があり、地金型金貨においては、金地金の時価相当分にプラスして少額の上乗せ金を加算した時価で売買されるものです。プラスαの少額の上乗せ金は、プレミアムという言い方をします。プレミアムは、発行した国々金貨を製造する時のコスト、輸送費や、それに伴った諸経費などによって決定されていきます。

地金型金貨としては現在、メイプルリーフ金貨(カナダ)、パンダ金貨(中華人民共和国)や、クルーガーランド金貨(南アフリカ共和国)、カンガルー金貨 (別名ナゲット金貨)(オーストラリア)、 イーグル金貨(アメリカ合衆国)などいろいろな種類があります

この中でも特に日本人の方々に名前が一番知られているのはカナダのメープルリーフ金貨ではないでしょうか。カナダのメープルリーフ金貨の存在は、カナダ王室造幣局が発行をし、安定した供給量があり、優れた鋳造技術によって作られ、品位を保証した法定通貨なので、本物志向の人たちに求められている金貨といえます。

金・金貨の価値


私達の現代社会は、将来に対して大きな不安を抱えています。だから投資という意識も段々と高まっている訳ですが、金投資に目を向けている人たちも多くいます。 金は昔より希少性と美しさから評価はほとんど変わらないものです。 金は世界共通の資産と呼ぶことが出来ます。金は通貨として流通した歴史もあり、現代でも1970年代までは金本位制が取られていました。

世界それぞれの国で紙幣が使用されていますが金と結びつき価値は決定されていたのです。日本円を他国のお金と交換する場合、金というものの価値が共通だったから出来たことです。金本位制が終了してしまうことになりますが、金本位制が終了しても金の価値は実際に変化した訳ではありません。今でも世界中の中央銀行において、準備資産として保有されています。

もしも破産してしまったとき紙は紙切れ同然になってしまうのかもしれませんが、金の価値はそこにしっかり留まってくれます。世界同時株安や世界各地の紛争などまだまだいろいろな不安要素が世界のいたるところに存在するからこそ、今やっぱり金投資をしようと目を向けている人たちが多くいます。

投資においてのメリットは金の持つ特徴がそのままメリットにすることが出来ます。金は鉱物ですから埋蔵量には限りがあり、必要あらば紙幣のようにどんどん作ることが出来ません。だからどんな時でも無価値になることはありません。発展途上国だとしても金の価値は共通です。金貨はどうなのでしょうか。更に続けます。